ホームへ 行事予定へ

日本野鳥の会 諏訪支部

日本野鳥の会 諏訪支部について

公益財団法人 日本野鳥の会 とは

ミズキ  『日本野鳥の会』は「自然が好き」「自然を守りたい」そう願うなかまによって支えられている自然保護団体(NGO:非営利の市民団体)です。
 この会は、「野鳥を愛する人々の集い」という面と、公共事業などへの提言等を行う「自然保護団体」としての面、この2つの面をともに大切にしながらバランスをとって活動している点が最大の特色です。
1934年中西悟堂創立、2017年6月1日現在、会員数35,358人、90支部。会長:柳生博(俳優)。

日本野鳥の会 諏訪支部について

 日本野鳥の会本部による全国および地球規模での活動に対し、地域に密着した自然保護活動や観察会は、各地域の日本野鳥の会会員で構成される連携団体(支部)によって運営されています。
 日本野鳥の会諏訪支部(以後、本会)は、支部長:林正敏、副支部長:杉山直、他十数名のボランティア・スタッフにより運営され、2015年12月31日現在の会員数は238名(うち家族会員58名)です。
 本会の活動範囲は、諏訪地方、松本・塩尻地域、安曇野・大北地方です。ただ、現在のところ、諏訪地方に活動の中心があり、他の地域に範囲を広げることが課題になっています。
 月に1〜2回程度、開催する観察会、月1回の室内例会(奇数月は茅野市、偶数月は岡谷市)、隔月刊の会報「いわすずめ」の発行のほか、必要に応じ自然保護のための提言や活動を実施しています。
シラカバ

会員制度と会費について


コナラ
 日本野鳥の会の会員種別には、おおぞら会員(総合)、赤い鳥会員(地域型)、青い鳥会員(本部型)などがあり、希望に合わせて選択することになります。
 本会に入会していただける場合は、
おおぞら会員(本部発行の「野鳥」誌と支部報が届きます)
 入会金1000円+年額7000円(本部会費5000円+諏訪支部会費2000円)
赤い鳥会員(支部報が届きます)
 入会金1000円+年額3000円(本部会費1000円+諏訪支部会費2000円)
個人特別会員(「野鳥」誌と支部報が届きます)
 入会金不要+年額12000円(本部会費10000円+諏訪支部会費2000円)
から、お選びいただくことになります。
 なお、家族会員、割引制度など詳しい会員制度については、日本野鳥の会本部のホームページhttp://www.wbsj.org/をご覧下さい。

入会手続きについて

 入会の手続きは、本部会員室で一括して受け付けています。(本会で直接は扱えません)
 日本野鳥の会会員室の連絡先は、
   TEL: (03)5436-2630(月〜金10:00〜17:00)
   Mail: shiryo@www.wbsj.org
 詳しくは、ホームページhttp://www.wbsj.org/をご覧下さい。(入会案内のメールでの申し込み方法なども掲載されています。)
ダンコウバイ