ホームへ 行事予定へ

日本野鳥の会 諏訪支部

見つけて、夏のジョウビタキ!

 日本では本来冬にしか見られないジョウビタキですが、ここ数年にわたる調査の結果、渡らすに、長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳周辺で、継続的に繁殖していることが判明し、今後繁殖地域の拡大が予想されます。見つかった巣はすべてリゾート地や別荘地の建物などの人工物に造られていました。

 この夏も元気なヒナが巣立っています。ヒナの体は斑模様ですが、尾は短くてもオレンジ色で、翼の白い斑も見えます。皆さんの周囲にも「ジッ、ジッ」と鳴いて餌をねだっているヒナの姿が見られるかもしれません。家の周辺で餌をくわえた親鳥を見かけるかもしれません。高い樹の天辺などで囀る雄の声が聞かれるかもしれません。

 夏のジョウビタキを見かけたら、(公財)日本野鳥の会の「見つけて渡り鳥」へ投稿するか、下記アドレスへの連絡をお願い致します。

  (公財)日本野鳥の会 「見つけて渡り鳥」
  日本野鳥の会 諏訪支部(wbsuwa@freeml.com)

[ 戻る ]